介護のフランチャイズで起業を成功させよう

doctor

高齢化社会で重要な仕事

husband and wife

運営のノウハウを活用する

介護事業に参入する企業が増えています。個人で介護事業の起業を志す人もたくさんいます。介護事業が盛んなのは高齢化社会の進展によって、その存在がますます必要とされるからです。また福祉の仕事に関わることで社会の役に立てるという目的意識を持てるからです。個人で介護事業を起業する時に人気なのがフランチャイズ方式です。フランチャイズ方式というのは全国に展開している有名な事業所の傘下に加盟することです。なぜ人気なのかというと、経営や運営のノウハウを活用できるからです。全くの白紙状態から事業を立ち上げるよりも、遙かに効率が良くなります。また新規で事業を立ち上げた時にネームバリューがあれば顧客獲得が容易になります。このメリットがあるのでフランチャイズに加盟する人が多いのです。

ロイヤリティを支払う義務

フランチャイズには加盟金を支払うという特徴があります。フランチャイズの主体によって金額は違ってきますが、通所介護事業の方が高い傾向にあります。比較的安いのが訪問介護事業で、十数万円のところもあります。また加盟金とは別にロイヤリティを払うという特徴もあります。これはフランチャイズの看板を利用して事業を行っているのでそれに対する利益還元です。介護事業の場合は介護保険収入に応じて一定の割合を収めるようになっています。一般的には売上げの5パーセントから10パーセントぐらいに設定されています。これらの費用を払っても、介護事業の場合は介護保険の適用サービスであれば確実に利益が回収できます。今後ますます高齢化が進めば、事業の拡大も視野に入れることができます。

Copyright©2015 介護のフランチャイズで起業を成功させよう All Rights Reserved.